野菜不足はジュースで改善

野菜不足はジュースで改善

野菜ジュースで解消

野菜ジュースは野菜不足に絶大な影響を与えます。
今の野菜ジュースは昔と状況が変わってきたのです。
昔の野菜ジュースは主に塩分やトマトが含まれている
ことが多く、癖があってなかなか好きになれなかった人が
多いのではないでしょうか。たとえば、トマトジュースの中でも、
そこにホウレンソウや緑黄色野菜を入れていくと、
ナチュラルな味になるのですが、
塩分が入ってしまうと飲みにくいものです。

しかし、最近では実にさまざまな野菜ジュースが出ており、紫色の野菜を取り入れているものや、
フルーツを中心につくってあるもの、そして青汁を少し飲みやすくしたものなどがあります。

紫の野菜をメインにしているもの

紫の野菜をメインにしているジュースは比較的ポリフェノールをしっかり含んでいるものが多いです。
女性を意識していることが多く、美肌や代謝をよくするものが多くなっています。
紫キャベツや紫いも、ナス、ブルーベリー、ざくろ、ビートなどが含まれていて、
ビタミンで体のバランスを整えることに趣をおいたものです。

1日分の野菜がとれるもの

大半の1日で摂取するべき野菜がとれる、ということで売っているものも多いですが、
添加物などが多く含まれているのでは?と心配されている方も多いのではないでしょうか。
そんな心配はありません。

もともと、人間は1日350gの野菜をとるといいといわれています。
しかし普通の付け合せのサラダやおひたしなどからではとても350gの野菜はとることができません。
そんなときに必要なのはこの野菜ジュースです。

野菜ジュースのなかには、基本的にビタミンやミネラルなどが含まれていますが、
食物繊維が実は一番必要な要素です。腸の調子を整え、便秘などを解消することによって体のバランスが整えられ、
ビタミンも吸収されるようになるのです。

また、ビタミンが500g以上含まれているものも多くあり、
1日摂取すべき野菜よりも多くとれるので次の日にあまりとれないときでも心配ありません。


このページの先頭へ戻る